本文へスキップ

相続放棄と財産リスト-税理士変更なら千代田区神田

税理士変更ならお任せ

相続放棄と財産リスト

相続放棄と財産リスト

生前に相続の話をするのは日本では難しいこととされています。
親に対して遺言を書くように勧めたり、財産リストを作成するように勧めたり、エンディングノートを書くように勧める・・・
なかなか言いだしずらいですよね。
財産リストを作成していないと大変なことになることがあります。
例えば・・・
親が借金をしているケースです。残された親族が借金の存在を把握していれば問題ありません。
問題があるのは、連帯保証人になっている場合です。
誰かの連帯保証という地位もバッチリ相続されるので、相続財産を取得してしまったら、親がした連帯保証を引き継ぐということになってしまいます。

さて、親の相続で借金があった場合はどうしたらよいか・・・・
それはプラスの財産とマイナスの財産を比較して相続をするか、もしくは相続を放棄するかの選択をするということです。
相続放棄というのは相続人の地位を失うというものなので、自分が相続放棄をすれば別の相続人に借金が相続されることになります。
なので、自分だけが相続放棄すればよいということにはなりません。
借金があるということを知った相続人が相続放棄をするのであれば、次に相続人となってしまう親族に相続放棄をするように勧めてあげなければいけないのです。

親族が多い家が相続放棄をする場合はかなりの数の人間が相続放棄をすることとなります。
事前にわかっていれば問題ありませんが、財産や借金について把握しなければ相続後大変な思いをします。
また、相続放棄は相続の開始を知った日から3ヶ月以内に行わなければなりません。
なので、葬式がありワタワタしている間に3ヶ月過ぎてしまったら大変です。
生前にしっかり税理士等と財産についての相談をすることをおすすめします。
生きているうちだったら被相続人の財産リストを作って対策をとりましょう。

税理士変更なら千代田区神田の税理士。佐藤修治税務会計事務所へ

バナースペース



千代田区神田の佐藤修治税務会計事務所

若手税理士

お気軽にご相談ください
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503

TEL 03-3526-3792
FAX 03-3526-3794
営業時間 AM:900~PM5:00

写真で見るアクセス(JR神田より)
写真で見るアクセス(淡路町・小川町より)



新着情報
平成30年2月10日
 ブログを更新しました
新着情報4税金を払いすぎたらどうなるのか
新着情報2司法書士と業務
新着情報3社会保険労務士のページ

サービス提供エリア
東京都
千代田区神田他東京23区、立川市、三鷹市、小金井市、小平市、武蔵野市、国分寺市
千葉
柏、松戸、千葉、我孫子、市川、野田、船橋、習志野、流山、鎌ケ谷
神奈川
川崎、横浜
茨城
取手、牛久、土浦
埼玉
春日部、さいたま、越谷、川口
その他
提供エリア外でも、方法によっては引き受けることができますので、是非ご相談ください。
※訪問せずに事務所(千代田区神田)に来所していただけるのであれば、所在地にかかわらず顧問契約が可能です。
採用情報
お役立ちリンク集
リンクについて
会社が気を付けること
資格について
求めるもの
良くないケース
変える理由
見つける方法
判断の理由
所長ブログ