本文へスキップ

白色申告の書類の保存への変更-税理士変更なら千代田区神田

税理士変更ならお任せ

白色申告の書類の保存への変更

白色申告の書類の保存への変更

白色申告で所得が300万円以下の場合は、書類の保存や帳簿付けは必要ありませんでした。
小規模事業者に経理の手間をかけさせないためです。
しかし、平成26年からはすべての事業者に帳簿の記載義務と書類の保存義務ができます。
正確には、事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき事業者です。
この制度でかわいそうだなと思うのが、あるていど年齢がいっているかたで、不動産所得しかない人が、帳簿を記載しなければならないということです。

問題は、記帳することができるのにしない人間が多いということです
脱税をするために白色申告にして書類を捨ててしまう人間や、税理士費用がもったいないし、申告をするのが面倒だから、白色申告を選択するような輩がいます。

そういう人間のために、帳簿の記載が難しい高齢者にも記載させるのはどうかと思うんですよね。

ちなみに、帳簿の記載といっても、難しく記載する必要はありませんよ。
税務署としては、不正をする人を排除したいというのが一番の理由だと思います。
消費税の増税がスタートします。
それなのに、まじめに申告している人は負担が増えて、白色申告で売上に不正行為を働き1000万円未満とし消費税を支払わない人間。
そういった人間を排除したいだけだと思いますので、少しずつ帳簿の記載をしていければよいと思います。

税理士変更なら千代田区神田の税理士。佐藤修治税務会計事務所へ

バナースペース



千代田区神田の佐藤修治税務会計事務所

若手税理士

お気軽にご相談ください
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503

TEL 03-3526-3792
FAX 03-3526-3794
営業時間 AM:900〜PM5:00

写真で見るアクセス(JR神田より)
写真で見るアクセス(淡路町・小川町より)



新着情報
平成30年2月10日
 ブログを更新しました
新着情報4税金を払いすぎたらどうなるのか
新着情報2司法書士と業務
新着情報3社会保険労務士のページ

サービス提供エリア
東京都
千代田区神田他東京23区、立川市、三鷹市、小金井市、小平市、武蔵野市、国分寺市
千葉
柏、松戸、千葉、我孫子、市川、野田、船橋、習志野、流山、鎌ケ谷
神奈川
川崎、横浜
茨城
取手、牛久、土浦
埼玉
春日部、さいたま、越谷、川口
その他
提供エリア外でも、方法によっては引き受けることができますので、是非ご相談ください。
※訪問せずに事務所(千代田区神田)に来所していただけるのであれば、所在地にかかわらず顧問契約が可能です。
採用情報
お役立ちリンク集
リンクについて
会社が気を付けること
資格について
求めるもの
良くないケース
変える理由
見つける方法
判断の理由
所長ブログ