本文へスキップ

住宅ローン金利の低下について-税理士変更なら千代田区神田

税理士変更ならお任せ

住宅ローン金利の低下について

住宅ローン金利の低下について

消費税の増税が行われるので、住宅の購入が盛り上がっていますね。
現在注文すれば、消費税が5%で住宅が購入できます。

なので、どんどん住宅ローンを組んでもらおうと、銀行が金利を下げていますね。
そもそも住宅ローンという商品は、大手の銀行はやっていませんでした。
しかし、大手の銀行が思っている以上に良い商品でした。
会社にお金を貸す場合は貸倒のリスクがありますが、個人に貸す場合は非常にリスクが低く、かつ貸倒になったところで担保があります。
その土地建物を担保にできるので最悪貸倒が起こっても、そこまでの問題にはなりません。
よって、大手の銀行も住宅ローンをやりはじめたのです。

現在は利率を一生懸命さげて、お客さんを増やそうとしていますね。
しかし、昔よりずっと一般の方の貸倒率が増えています。競売物件も増えていて大変なんですよ。

まあ、住宅を買いたい人へ言っておきます。
消費税増税にあまり踊らされないように!
消費税は土地にはかからず、建物にのみかかります。
土地価格 30,000,000円 建物15,000,000 という物件があったとします。
そうすると、15,000,000×5%=750,000円が消費税としてかかります。
8%になると・・・
15,000,000×8%=1,200,000円が消費税
つまり・・・たった、450,000円しか消費税上がらないんですよ。

たったそれだけなら、値引き交渉したほうがましです。
住宅は皆様が思っている何倍も値引き交渉が成立します。私も家を購入した時、150万円ほど値引きに成功しました。

また、消費税が上がり、土地建物が売れなくなれば、それくらい値引きを自動的に不動産会社がすることが想定されます。

なので、無理に住宅買わないでくださいね

税理士変更なら千代田区神田の税理士。佐藤修治税務会計事務所へ

バナースペース



千代田区神田の佐藤修治税務会計事務所

若手税理士

お気軽にご相談ください
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503

TEL 03-3526-3792
FAX 03-3526-3794
営業時間 AM:900〜PM5:00

写真で見るアクセス(JR神田より)
写真で見るアクセス(淡路町・小川町より)



新着情報
平成30年10月23日
 ブログを更新しました
新着情報4税金を払いすぎたらどうなるのか
新着情報2司法書士と業務
新着情報3社会保険労務士のページ

サービス提供エリア
東京都
千代田区神田他東京23区、立川市、三鷹市、小金井市、小平市、武蔵野市、国分寺市
千葉
柏、松戸、千葉、我孫子、市川、野田、船橋、習志野、流山、鎌ケ谷
神奈川
川崎、横浜
茨城
取手、牛久、土浦
埼玉
春日部、さいたま、越谷、川口
その他
提供エリア外でも、方法によっては引き受けることができますので、是非ご相談ください。
※訪問せずに事務所(千代田区神田)に来所していただけるのであれば、所在地にかかわらず顧問契約が可能です。
採用情報
お役立ちリンク集
リンクについて
会社が気を付けること
資格について
求めるもの
良くないケース
変える理由
見つける方法
判断の理由
所長ブログ