本文へスキップ

はずれ馬券が必要経費になるか-税理士変更なら千代田区神田

税理士変更ならお任せ

はずれ馬券が必要経費になるか

はずれ馬券が必要経費になるか

最近ニュースではずれ馬券が必要経費になるかどうかで訴訟が起きているというニュースを見ます。
どういった状況かというと、通常ギャンブルする人間は確定申告をしません。
しかし、ギャンブルだろうと犯罪だろうと納税は国民の義務です。
どんな状況であっても儲かったのであれば申告しなければなりません。
税務署が申告をしていないが競馬で儲かっている人間に調査をし、金額が高額なので刑事事件となることがあります。
それに対して納税者は競馬の収入に対して必要経費が発生していたため、高額の脱税をしているわけじゃない!と言いたいわけです。

さてさて・・・
基本になりますが、競馬ってどういう所得に分類されるかというと、一時所得と呼ばれます。
一時所得は何かというと、偶然一時的に儲かったものであり継続的なものではない所得となります。
継続的というのであれば雑所得や事業所得と呼ばれます。
一時所得は収入から必要経費を差し引きさらに50万円を差し引き、その残りを1/2したものが課税対象になります。
なので、すくなくとも1年間で50万円は一時的な儲けがあっても税金はかかりません。
一般的に一時所得となるもので確定申告が必要となるのは、保険金を一時で受け取った場合ですね。
保険金の満期などですね。

話を競馬に戻します。競馬やパチンコは一時所得とされます
そして、今までは一時所得の経費というものに、ハズレ馬券は経費とされていませんでした。もちろん今だって経費になりません。
しかし、大阪地裁での判決では、「継続的に馬券を購入しており、娯楽ではなく資産運用の一種なので、雑所得だ」となりました。
※今回の裁判での判決は、競馬をしていた人間がオンラインで馬券を購入しており、購入履歴がすべて明確にあったということが大切です。

今回の判決は「オンラインで記録が明確だった!」「継続購入しており投資として行っている側面が強かった」というのがポイントだと思います。
それ以外だったら認められなくて当然です。

競馬をやる人間からすると、馬券購入に1,000万円使って、払い戻しが1,200万円だったら、200万円が利益と考えます。
しかし、税務署からいうのであれば1,200万円から差し引けるのは当たり馬券購入の金額のみという考え方です。
競馬をやる人間からするとたまりませんよね・・・
しかし、税務署もはずれ馬券を必要経費に認めるわけにはいかないんですよ・・・だって、はずれ馬券がどれくらいあったかなんて証明できないじゃないですか
記録をつけていたとしても、その記録が正しいとは証明できないですしね。
なので、税務署のはずれ馬券は必要経費にならない!という考えは間違っていません。
今回の判決はオンラインではずれ馬券の証明ができるということにあります。

続く

税理士変更なら千代田区神田の税理士。佐藤修治税務会計事務所へ

バナースペース



千代田区神田の佐藤修治税務会計事務所

若手税理士

お気軽にご相談ください
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503

TEL 03-3526-3792
FAX 03-3526-3794
営業時間 AM:900~PM5:00

写真で見るアクセス(JR神田より)
写真で見るアクセス(淡路町・小川町より)



新着情報
平成30年2月10日
 ブログを更新しました
新着情報4税金を払いすぎたらどうなるのか
新着情報2司法書士と業務
新着情報3社会保険労務士のページ

サービス提供エリア
東京都
千代田区神田他東京23区、立川市、三鷹市、小金井市、小平市、武蔵野市、国分寺市
千葉
柏、松戸、千葉、我孫子、市川、野田、船橋、習志野、流山、鎌ケ谷
神奈川
川崎、横浜
茨城
取手、牛久、土浦
埼玉
春日部、さいたま、越谷、川口
その他
提供エリア外でも、方法によっては引き受けることができますので、是非ご相談ください。
※訪問せずに事務所(千代田区神田)に来所していただけるのであれば、所在地にかかわらず顧問契約が可能です。
採用情報
お役立ちリンク集
リンクについて
会社が気を付けること
資格について
求めるもの
良くないケース
変える理由
見つける方法
判断の理由
所長ブログ