本文へスキップ

業務侵害行為 自由と営業-税理士変更なら千代田区神田

税理士変更ならお任せ

税理士の業務侵害行為 自由と営業

税理士の業務侵害行為 自由と営業

しかし、税理士は営業することが可能となりました。
営業=業務侵害行為ととらえることもできますが、すべてを業務侵害行為としてしまえば、営業をすることができず、顧客が偏り若い税理士は仕事がなくなってしまいます。
また、営業を自由としたのは理由があり、税理士も競争しサービスを向上させることで税理士の成長を促すというようなものです。
郵便局が民営化したのもそうですが、他の業種と比較競争させることによって、企業努力を促し、サービスの向上を図る!それ自体は日本経済によって良いことです。

税理士もビジネスを行っているため、営業は自由です。
しかし、クライアントに誤解を与えて税理士の変更をさせることは悪いことだと思います。
決算書を無料で診断などをし、前の税理士の悪口を言って解約させる・・・それは良いことではないと思います。
まあ、口車に乗る経営者も悪いですけどね。

時代は常に変わっています。税理士の中で業務侵害行為を受けたという人間の意見で侵害行為を受けた!と文句を言う人間もいれば、顧問先としっかりと信頼関係を結んでいるから気にしない!という人間もいます。
また、経営というのは競争なので、お客さんを取られてしまったら、それは自分が悪い!と思う税理士もいます。
つまり、自社で経営努力をしてお客さんを取られないようにする!というのが一番正しい!という人間もいますね。

私の私見だと・・・
税理士本人が営業を行うのは何の問題もないと思います。
しかし、税理士をよく知らない仲介業者や銀行、電話代行業者などが斡旋するのはよくないと思います。
何故なら顧問料が低い!などという文句で税理士変更したら実際はすごく高いお金を請求された!などという苦情が税理士会にいっているからです。

税理士に関係する業者は税理士というものをよく知る必要がありますし、クライアントである経営者自身も税理士を知ってほしいと思います。

税理士変更なら千代田区神田の税理士。佐藤修治税務会計事務所へ

バナースペース



千代田区神田の佐藤修治税務会計事務所

若手税理士

お気軽にご相談ください
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503

TEL 03-3526-3792
FAX 03-3526-3794
営業時間 AM:900~PM5:00

写真で見るアクセス(JR神田より)
写真で見るアクセス(淡路町・小川町より)



新着情報
平成30年2月10日
 ブログを更新しました
新着情報4税金を払いすぎたらどうなるのか
新着情報2司法書士と業務
新着情報3社会保険労務士のページ

サービス提供エリア
東京都
千代田区神田他東京23区、立川市、三鷹市、小金井市、小平市、武蔵野市、国分寺市
千葉
柏、松戸、千葉、我孫子、市川、野田、船橋、習志野、流山、鎌ケ谷
神奈川
川崎、横浜
茨城
取手、牛久、土浦
埼玉
春日部、さいたま、越谷、川口
その他
提供エリア外でも、方法によっては引き受けることができますので、是非ご相談ください。
※訪問せずに事務所(千代田区神田)に来所していただけるのであれば、所在地にかかわらず顧問契約が可能です。
採用情報
お役立ちリンク集
リンクについて
会社が気を付けること
資格について
求めるもの
良くないケース
変える理由
見つける方法
判断の理由
所長ブログ